竣工写真UP

ホームページに施工事例をUPしました

 

ハコノイエ4 台形ハウス

https://www.n-design1.com/new-construction

 

台形の敷地、西側道路で接道長さは約6m、残る北・東・南側は住宅地

条件はよくありませんが、その分、坪単価は近隣の相場よりも安価で購入

 

こんな条件でも工夫次第で快適な住環境が得られます

 

| 建築 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オープンハウス開催中

只今、完成見学会を開催しております

見学は予約制となっており、随時受付中です
 

場所:三重県津市

期間:施主様のご厚意により1〜2ヶ月間

日時:随時(予約制)

構造・規模等:木造平屋建て 2LDK+ロフト 約20坪 50代ご夫婦の終の棲家

 

下記リンクから都合の良い日時を2〜3候補お知らせください

https://www.n-design1.com/contact

| 建築 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四日市市Hさんち 完成

四日市市Hさんちが完成しました

 

横ストライプで鋭角の外観が特徴的です

住宅の外観

 

 

竣工写真はホームページに近日公開予定です

 

n.Design一級建築士事務所

https://www.n-design1.com/

| 建築 | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四日市市Hさんち 工事監理vol.2

今年に入って着々と基礎工事が進んでます

 

配筋完了

鉄筋径、ピッチ、補強箇所などを確認・指示

 

 

ベースの型枠施工

コンクリート打設前に補強箇所などを最終チェック・指示

 

 

ベースコンクリート打設・脱型後、立上りの型枠を施工

アンカーボルト位置、鉄筋のかぶり厚さなどを確認

 

 

立上りのコンクリート打設・脱型、基礎工事完了

コンクリートも上手くまわってキレイに仕上がっています

赤、青、グレーのものが転がっていますが、コレは給排水管です

 

近日、上棟予定です

 

 

| 建築 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あれは三年前〜♪

3年に1度の建築士定期講習に行ってきた

9:00〜17:20まで

 

もちろん真面目に受講

前回受講したときは、終了考査が時間ギリギリまで掛かって結構焦ったので、今回はテキストにポイントとなる箇所を入念にマーカーでチェック

準備万端

いざ!考査スタート

兎に角スピード重視で、立ち止まらずに最後までひと通り突っ走り、再度、自信のない問題の見直しが終わったところで、ちょうど制限時間

作戦通り!

 

まぁなんとかなったんじゃないでしょうか?

 

それにしても終日講習はしんどー

| 建築 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四日市市Hさんち 工事監理vol.1

確認済証も下りて着工です。

まずは地盤補強工事。

 

今回は、進入路が狭いなど諸々の条件から「乾式柱状改良工法」を採用。

 

手前にある棒で杭頭の高さを調整します。

 

住宅

| 建築 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四日市市Hさんち 地鎮祭

先週末はHさんちの地鎮祭でした。

声も大きく元気の良い宮司さんで、しかも丁寧。

これで無事に完成することでしょう。

 

 

 

アート・デザインビジネス建築住宅

 

| 建築 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四日市市Hさんち 打合せvol.6

建築費の調整でHさんと電話やメールなどのやり取りをしつつ、工務店に見積金額の見直しをお願いすること数回。

ようやく工事契約にまで辿り着きました。

工事をお願いするのは、以前に接骨院のリノベーションを施工していただいた有限会社新木家さんです。

 

来月半ばに地鎮祭。

ここの敷地は一部が都市計画道路に掛かっているため、都計法53条第1の申請後、通常の建築確認申請の流れになります。

年内には着工(地盤補強工事)の予定。

 

建築住宅ビジネスアート・デザイン

 

| 建築 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京都紀行

先日、とある集まりがあって京都へ行って来ました。

何の集まりかというと、某建築系資格学校の先輩講師の方が生徒や元教え子を連れて毎年行っているらしく、今年その先輩と同じクラスを担当したご縁から私もご一緒させてもらったわけです。

目的は、もちろんただ遊びに行った訳ではなく建築巡り。

 

午前10時にJR山崎駅前に集合。

まず訪れたのは、「アサヒビール大山崎山荘美術館」

この建物は大正から昭和にかけて建てられた個人の英国風の別荘を修復し、新たに安藤忠雄氏設計の「地中の宝石箱」を建設して1996年に私立美術館として再生された。その後、2012年に同じく安藤氏設計の「夢の箱」が建てられ現在の形体となる。

内外の重厚な作りも見どころですが、南側から見る屋根が私のお気に入りです。一見ゴチャゴチャしてそうでいて、でも何かその重なり具合が小気味いい!

 

昼食を済ませて次の訪問先は「妙喜庵 待庵」なのだが、ここは予約制になっていて、その時間まで少々時間が空いたので予定にはなかった「大山崎町歴史資料館」へ。

ここにはこの後訪れる待庵の原寸大レプリカが展示されていて、その予習。

 

さて、いよいよ「妙喜庵 待庵」へ。

待庵は、かの千利休が建てたと言われる二畳の茶室。にじり口から入る小間(こま)の茶室の原型で数寄屋建築の原点とされる。国宝である。

中には入れないのでにじり口、連子窓から中を覗くと歴史の重み、400年前の空気を感じる。

 

待庵を後にして本日最後の訪問先「聴竹居」へ向かうも、予定より45分も前に玄関先に到着。ここも予約制なので時間を持て余し、急遽「宝積寺」へお参りに。

 

結構歩いてヘトヘトになりながらようやく「聴竹居」に戻る。

この建物は昭和3年に建築家、藤井厚二が設計した5つ目の自邸で、伊勢の宮大工が建設。

随所に様々な工夫、90年近く経った今も色褪せないデザインが施されています。

ここでは聴竹居を愛してやまないスタッフの方が60分ほどかけて、懇切丁寧に面白く解説してくれます。(この日は最終組だったので90分ぐらいかけて頂きました。)

イロイロと勉強になり、刺激的な時間でした。また訪れてみたい建築です。

| 建築 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四日市市S邸 ダイニングテーブル

昨年12月に完成引渡したS邸ですが、設計段階から奥さんに「完成後で構わないのでオリジナルのダイニングテーブルが欲しい」と、頼まれておりました。

年末にちゃちゃっとデザインして年明けには図面と見積りをお渡ししてたのですが、先方が多忙だったこともあり、そのままに。

 

忘れかけていたところに(と言うか忘れてた^^;)連絡をもらい、ようやく動き出す。

先日、打合せにお邪魔して面取りの寸法など細かな部分を修正。

 

脚のデザインにちょっと拘ったシンプルなダイニングテーブルです。

製作は、木工房 ネイバーウッドさん

完成まで約1ヶ月。

楽しみです。

 

| 建築 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH