資産活用 その2
土地所有者が建物を建てるとき、目的別に見ると大きくは2つに分けることができます。

1つ目は収益を上げることを目的とする場合。立地が良ければ、テナントビルやビジネスホテルなどの建設・運営で高い収益を上げることも可能ですが、それなりのリスクを伴います。

2つ目は、主に相続対策を目的とする場合。収益を上げることよりも、配偶者や子供への相続対策をメーンに考えている場合、3つのパターンに分かれます。

節税対策
複数の不動産を所有していたり、現金などの金融資産を潤沢に持っている場合に有効なのが、土地の相続税評価額を下げる対策です。利用していない土地に貸家や賃貸アパートを建てると所有者が自らが所有する「自用地」から「貸家建付地」に扱いが変わります。地域により異なりますが、相続税評価額が2割前後下がります。
納税対策
限られた不動産で、金融資産も多くない場合は、相続税を現金で支払えないといった問題が起こりかねません。仮にアパートを建設すると、土地を売却しにくくなったり、売却できても更地より価格が低くなったりするので、処分しにくくなります。更地に戻せば高く売却できますが、借家人調整のための時間がかかり、立退き料や建物の解体費など多額の支出が生じます。このため納税期間の10ヶ月以内に納税額分の現金を調達できず、やむを得ず自宅を売却なんてことも…。こうした事態を避けるためには、コンテナ式のレンタル倉庫や月極め駐車場などの活用が有効です。アパートほどのリターンはありませんが、ある程度の収益が見込め、更地にして売却することも容易です。
財産分割対策
相続時に配偶者や子供が争うことなく、資産を分割できるようにする対策。例えば、土地を売却した資金で、中古マンションを複数戸まとめて購入しておいて、それらを賃貸する。区分所有権のマンションは、将来の相続時に用意に分割でき、その後も賃貸として収益を上げることが出来る。

その他にも、リスクを抑えて安定的な収益を得るケースとして、「定期借地権」を設定し、第三者の事業者に土地を賃貸して、施設の建設と経営を任せる方法もあります。

定期借地権の利用についての詳細は、また今度の機会に。
 

住宅
建築
不動産の裏技、得する豆知識
| 資産活用 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
資産活用 その1
今年から大きく相続税の課税対象額が変わります。
相続税の基礎控除が「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から「3,000万円+600万円×法定相続人数」へ引き下げられました。
今まで、「お金持ちだけのはなしで、相続税とは無縁」と、思われていた方も、対象となるケースが多くなります。
そこで今回は、節税対策として二世帯住宅の活用のお話。

土地の相続で節税対策の1つとしてあげられるのが「小規模宅地等の評価減の特例」です。
親の自宅敷地を相続する際に一定の条件を満たせば、相続税評価額を80%減らすことができます。
この制度は以前からあったものですが、これまでは減額対象となる居住用敷地面積の上限が240屬任靴燭、改正後、330屬泙粘墨造気譴泙靴拭
ただし、この特例を受けるには、配偶者と子供が自宅敷地を共有で相続し、同居していることが前提となります。つまり、親の住む敷地内に子世帯が家を建てる際に、母屋を増築して二世帯住宅(一棟)とし同居している場合には、この特例を受けることができますが、離れなど別棟(二棟)とした場合は、この特例は受けられません。

例えば、敷地面積500屐∀線価10万円/屬両豺腓料蠡垣派床然
特例なし:500×10万円=5,000万円
特例あり:500×10万円−330×10万円×0.8=2,360万円
と、2,640万円の減少になり、この「小規模宅地等の評価減の特例」は、かなり節税効果が高いことがわかります。
親世帯と同一敷地内にこれから家を建てる場合は、将来を見据えて二世帯住宅も検討されることをお勧めします。

※状況により適用されないケース、他にも適用となるケースなどもありますので、詳しくは国税庁ホームページを参照してください。

今後も、お得な資産活用術をイロイロ取り上げていきたいと思います。

住宅 建築 不動産の裏技、得する豆知識
| 資産活用 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH