<< 謹賀新年2015 | main | 四日市市S邸 電話連絡 >>
資産活用 その1
今年から大きく相続税の課税対象額が変わります。
相続税の基礎控除が「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から「3,000万円+600万円×法定相続人数」へ引き下げられました。
今まで、「お金持ちだけのはなしで、相続税とは無縁」と、思われていた方も、対象となるケースが多くなります。
そこで今回は、節税対策として二世帯住宅の活用のお話。

土地の相続で節税対策の1つとしてあげられるのが「小規模宅地等の評価減の特例」です。
親の自宅敷地を相続する際に一定の条件を満たせば、相続税評価額を80%減らすことができます。
この制度は以前からあったものですが、これまでは減額対象となる居住用敷地面積の上限が240屬任靴燭、改正後、330屬泙粘墨造気譴泙靴拭
ただし、この特例を受けるには、配偶者と子供が自宅敷地を共有で相続し、同居していることが前提となります。つまり、親の住む敷地内に子世帯が家を建てる際に、母屋を増築して二世帯住宅(一棟)とし同居している場合には、この特例を受けることができますが、離れなど別棟(二棟)とした場合は、この特例は受けられません。

例えば、敷地面積500屐∀線価10万円/屬両豺腓料蠡垣派床然
特例なし:500×10万円=5,000万円
特例あり:500×10万円−330×10万円×0.8=2,360万円
と、2,640万円の減少になり、この「小規模宅地等の評価減の特例」は、かなり節税効果が高いことがわかります。
親世帯と同一敷地内にこれから家を建てる場合は、将来を見据えて二世帯住宅も検討されることをお勧めします。

※状況により適用されないケース、他にも適用となるケースなどもありますので、詳しくは国税庁ホームページを参照してください。

今後も、お得な資産活用術をイロイロ取り上げていきたいと思います。

住宅 建築 不動産の裏技、得する豆知識
| 資産活用 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH